オレはオレなりに大人の階段登ってるのかい?

先週末は、ボート釣行ぶりの釣行行きました〜
オカッパリはボート釣行の二日前以来です!
行き過ぎ?
いやいや、去年に比べたら減りましたよ笑

先週末の釣果は、個人的にはアコウ(キジハタ)2匹。内1匹はリリース。
キジハタは、かつては幻の魚と呼ばれ、高級魚と言われてましたが、昨今はオカッパリから狙えば釣れる魚に成り下がりましたね〜

まぁ、僕は釣れなかった頃を知らないのですけども。

ただ、
釣れる釣れないに関わらず、味は絶品!!←ココが大事!!!

なので、人気のターゲットに変わりはないですね〜

アコウをオカッパリから釣る魅力は、そのパワー!
気を緩めたら最後。根に潜られて、持久戦か、ラインブレイク、、、何度かあります(泣

って、釣りの話はえぇんですけど、
今回は釣りから得た気付きなんで、関係のない話をしてた訳ではないんす!

人は成長し続けることがデキる?!

昨年は、釣りを始めて1年目ということもあり、とにかく行きまくってましたが、それはあくまでもボクと妻がたのしみたかったからなんですよね。

で、
今年というか今夏からは、子どもにも釣らせるようにしています。

夏は釣りのシーズンで、ファミリーも多くなるんですが、それは超簡単に釣りが楽しめるから。
つまり、超簡単に釣れるんですよ〜

なので、釣り初心者は必ず「夏」に「サビキ」から入ることをオススメします!!

釣りの魅力は、釣れることが第一です。

僕や妻はキャスティング(ルアーを投げること)が楽しくて、ハマりましたが、これは特異な例やと思います。

で、
うちの子たちも、これまでは「釣れへんし面白くない」的なことを言うてたので、ならばと、夏を待って、チャレンジさせてるわけです。

これは、僕の中で「あ、オレも変わったな」と感じる点でもあります。

先述の通り、これまでは僕が楽しかったから釣りに行くって感じでしだが、
今夏からは子どもを楽しませることを念頭に場所選びもするようになりました。

そうすると、不思議なことに、僕自身は自分の釣果へのこだわりもあまりなくて良くなったんです。

まぁ、もしかしたら、それはこの2回の釣行だけのことかも知れませんが、子どもが魚を釣って喜んでたら、それで満足してる自分がいて、
「あれ?」
なんて、自分の変化にオドロキました。

これが父親としての喜びのひとつなのかなぁ?なんて笑

徒然なるままに

この記事を書いていて思ったのですが、
実は、
僕が子どものためにやってること、
釣りにしても、昆虫採集にしても、育児に関することはすべて、
僕が父からしてもらえなかったことなんです。

勉強を教えてもらう以外にしてもらったことは、ギターを与えてくれたことくらい。

もちろん、それは大変ありがたいことなんですけど、子供心ながらに、父とキャッチボールとかしたかったと、寂しさを残して大人になってるんですよね。

まぁ、そんなこともあったお陰で、僕は子どもとの関わりを深く持ってるのかも知れません。