三日坊主の僕が、ブログを続けられてる理由

ども、集客家(しゅうきゃくや)の保井康司です。

昨日は、春雨って感じることができる雨でしたね。
春雨って、柔らかい感じのする雨だそうです。
少しくらい濡れても良いかなって思えるような雨ですね。

日本には、雨を表す言葉がたくさんありますよね。
秋雨、時雨、驟雨、春雨、小雨、
糠雨、梅雨、夕立、豪雨、俄雨、長雨、氷雨などなど。
このような、日本語の美しさに触れたりすると、多様な感性を持った日本人であることを時に誇らしく感じます。

あなたは、日本人らしい感性を感じることがありますか?

さて、
では本日も集客のお話をば。

って、タイトルだけやと集客は関係なさそうな気がしますが、、、

継続するには目的を持つこと

行動を起こす時は衝動的に起こすのが人間です。
それは、突き詰めれば「本能」に動かされてるんだと思います。
それを後から「理性」で正当化するんですね。

例えば、
情報発信が大切だと知り、
ブログを書こうと決めた時は、意欲的になれます。
そして、しばらくは続けられるんですね。
ところが、段々とメンドくさくなってくる。
そうすると、続けるための理由を探し始めます。
でも、見つからない。というより、メンドくさいが勝つ。
そして、「毎日なんて書くことないし」と自分を正当化します。
これ、あるあるですね。

実は、この仕組みは、脳科学ではすでに知られていることで、
人間の脳には、本能を司る爬虫類脳と、感情を司る哺乳類脳と、論理を司る思考脳があることが分かっています。

そして、我々の多くの行動は、爬虫類脳か哺乳類脳が意思決定を下しています。
その後で、思考脳がそれを論理的に解釈しようとするわけです。

面白いですよね。

さて、
いざブログを始めても続けられないのは、爬虫類脳や哺乳類脳にとって、無意味な行為なのかもしれません。いくら思考脳が論理的に解釈しても、本能的な部分で受け入れられないのであれば、続けることは難しいわけです。

では、
僕がどうやってブログを続けられるように工夫したのかをお伝えします。

それは、2つの目的を持つことで、成功しました。

1つは、YouTubeと同様に、「インプットをアウトプットすることで、自分の中に落とし込むため」です。
言い換えれば、自己成長を確実に遂げるための手段だと認識しているから続けられます。

もう1つは、ある人のために書こうと決めたからです。これは、マーケティングの要素でもありますが、ペルソナを決めたことで、その人の為に「役に立つ情報」を届けてあげよう!と使命のように感じることができました。

この2つ、面白くないですか?
1つは、自分自身のため、もう1つは、誰かのためなんです。
ブログの目的が内と外に向いてるんです。

このような目的を持っているので、ブログを書き続けることができるんですね。
特に大きい要因は、1つ目だと思います。
やはり、自分の喜びにつなげるという視点は、継続の秘訣だと思います。

あなたは、新しい習慣を自分の喜びにつなげていますか?

おまとめ◯◯◯

今年は酉年の僕にとって飛躍の年になると、年始から感じていたのですが、ジワジワと色々なところで変化が起きているように感じます。

先日の経営者インタビューで「なるようになる」と言われたことを思い出しました。

それは、「社長に必要な資質ってありますか?」という質問に対する答えだったのですが、
『「社長になりたい!」ってやつは、なっても続かん。「気付けば社長になってた」みたいな「欲」のないようなやつは、なるべくしてなってるから、成功にも近づけるんやと思うで』
と、なんとも的を射た答えでした。

つまり、やることをやってるやつだけが、あるべき所に収まるんだってことですね。
今日も精進、明日も精進。これを謙虚に愚直に繰り返すしか、成功への道はないようです。

では、また来週〜