なぜか読みたくなるタイトルのつけ方

ブログを読むか読まないかの判断が[タイトル]一つで左右されることは、あなたも体験済みですよね?
あなたが検索エンジン(google、Yahoo!など)で検索をしたとき、その検索結果の中から「このサイトがオレ(ワタシ)の目的を果たしそうや」と直感で判断する基準はタイトルではないでしょうか。
その後、タイトル下の説明文(導入文)にも目を通すと思います。つまり、まずはタイトルで目を引かないと説明文も読まない。読む可能性が極端に低くなる。
だから、本文も読まれないわけです。
では、「なぜか読みたくなるタイトルのつけ方」はどうすれば良いのでしょうか?

なぜか読みたくなるタイトルのつけ方

なぜか読みたくなるタイトルのつけ方とは?
どういうタイトルなら読まれるのか?

タイトルのつけ方にはいくつかのコツがあります。それを意識していれば「今」よりもブログへのアクセス数は増えます。それは、検索エンジンからだけではなく、SNSなどからでも同様です。
読み手は「誰が書いた」よりも、「何が書いてあるのか」を重要視します。よって、タイトルだけで何が書いてあるかを教えてあげなければなりません。

タイトルと本文の関係性は100%

「明後日は臨時定休日です!」というタイトルのブログを書いたのに、中身を読むと「本日のセールス情報だらけ」なんてのはオカシイですよね。しかも、読み手にすればタイトルだけで報告を受けているので、中身を読む必要性に欠けてしまいます。
さらに、タイトルと内容がリンクしていないブログは、検索エンジンからの評価も下がりますので、絶対にしないようにしましょう。

「何が書いてあるのか」の次は「誰が書いた」か

余談にはなりますが、同じ内容のことを書く場合は「誰が書いた」かが重要になります。この記事では私保井が「タイトルのつけ方」と書いていますが、プロブロガーの方が「タイトルのつけ方」と書いている方が読みたくなるし、読まれます。
つまり、実績も重要なので、根拠のない記事は書かないようにしておきましょう。

タイトルのつけ方:前提

それでは、タイトルのつけ方について書いていきます。

ブログは日記ではない

これは、保井が口を酸っぱくして言いたいことですが、ウェブログが日記だった時代は過去のことです。
「ブログを日記代わりに使うな」と言っているわけではありません。ただ、ブログを書く目的の問題なんです。あなたのブログが「友人へのお知らせ」的な目的であれば日記でも役割を果たしていることでしょう。ですが、あなたのブログが「お店を知ってもらう」ことを目的としている場合は、話が変わります。
あなたの記事がほとんど検索エンジンに登録されていないとしたら、それはタイトルがあまりにも[日記的]になっているからかも知れませんので、気をつけてください。

ベースを抑えたタイトル

まず、タイトルをつけるときに意識すべきは、何について書いているのか?ということです。
この記事を例に上げると「タイトルのつけ方」がポイントになりますね。これを
「なぜか読みたくなるブログ!記事を読ませるテクニック」
なんてしたら、「タイトル」との関連性は「ゼロ」と感じてしまうでしょうし、検索エンジンにも伝わりません。

ポイント

ここで大切なことは、書いた内容を最小限まで要約するということです。それも可能な限り無駄な言葉を削いでみること。
書き出す前からテーマを決めているならば、それを最初にタイトルとしてつけておくと、内容がブレずに書けます。
テーマが決まっていない、または書いているうちに変わったりした場合は「内容の本質」だけを考えたタイトルを考えてみましょう。

内容を要約する

要約は前項にも書きましたが、ここではあなたが実際に書いた内容を要約します。
例えば、タイトルのつけ方を100の事例とともに紹介しているとしたら、
「100個の事例を調べて分かった正しいタイトルのつけ方」
が内容の要約と言えます。

言葉を選ぶ

内容の要約ができれば、次はそこから削れる言葉がないか、置き換えることで短くできないかを考えてみてください。なぜなら、検索エンジンでは長すぎるタイトルは省略されてしまうからです。
ただし、短い言葉が「強いメッセージ性を込めている」かどうかを採用基準にしてください。短くてもインパクトやメッセージが伝わりにくいと、読み手に意図が伝わりませんから。
例えば、先ほどの例で言えば
「100の事例で判明した読まれるタイトルのつけ方」
にすれば4文字減ります。

タイトルのつけ方:基本型

ここからは、タイトルのつけ方の基本テクニックを紹介していきます。

「得(ベネフィット)」を強調する

「得(ベネフィット)」を強調するとは、「お客様にとってこれだけの価値がありますよ」ということをタイトルで伝えるということです。「アクセス数が右肩上がりになるタイトルのつけ方」とか、「12日間で8kg痩せるダイエット法」などのように、[結果]が見えると効果的ですね。

ニュース性

情報は早ければ早いほど良いものと感じてしまいます。「最新の美白法を米科学者が発見!!」など、興味があることへの情報であれば、飛びつきませんか?

好奇心

人を動かす強い原動力が「好奇心」です。「大好きだった親戚のおっちゃんが実は道を極めた職業の人だった」とか、「熟女と付き合ったら人生がうまくいった」など、つい読みたくなるタイトルは「好奇心」を刺激するものです。

追伸:まとめ

これらのことを意識するだけ、あなたのブログのタイトルはかなり変わるのではないでしょうか。
今日からあなたのタイトルが魅力的になり、アクセス数がさらに伸びることを願っております。

最後に、今さらあなたにはわざわざ言うことでもないと思うのですが、タイトル、タイトルと書いているからと言って、コンテンツ(中身)の質が低いようでは、タイトルに効果は見られないかも知れません。
なぜか読みたくなるタイトルは、あくまでも質の高いコンテンツとセットであることが前提ですので、あしからず。