あなたのブログが検索エンジンに表示されない本当の理由

商売をされているあなたのある日の脳内。

潜在顧客と接する機会が欲しい思てブログ始めたのに、見てくれる人のほとんどがFacebook経由やん。これ友達ばっか見てるってことやろ?
ホームページ制作会社から教えてもらったブログ運用のアドバイス守ってても思ったように成果が出んし。だいいち、ブログが検索エンジンに表示されへん!

  • 毎日書く:更新頻度が高いと有利
  • 個を出す:個性は親しみになる
  • 情報発信:濃い情報は信頼になる

この3つ、ほんまはウソちゃうん??Googleからお客さんがガンガン来るおもてたのに。。。

ブログが検索エンジンに表示されない理由

あなたはこんな疑問を抱いたから、この記事にたどり着いたことだと思います。
先に申しますが、冒頭の3つのアドバイス。あれはウソではなく当たり前のことです。ブログで成果を出したいなら、徹底的に忠実に守るべきです。
ただ、最初の1つ「更新頻度」に関しては、条件次第では週に一度などでも構わないでしょう。
実はこれからは「量」の時代ではなく「質」が重視されます。というか既にされています。そしてその先で大切なものは「信頼」になっていきます。なので、質の高い記事が書けるならムリに毎日書く必要はなくなります。

質とはお役立ち度

質が高けりゃ役に立つけど・・・あなたのブログは誰の役に立ちますか?

では、あなたの書いているブログは質が悪いのでしょうか?
質の計測には色々とありますが、基本的には滞在時間、リピート率、シェア数、この3つがわかりやすいです。
この3つの指標で質が測れるということは、当然と言えば当然の話です。質とはすなわち役に立つ記事ということですから、最後まで読まれて(滞在時間)、何度も読まれて(リピート率)、教えてあげたくもなる(シェア数)ってわけです。
つまり、検索エンジンに好かれたければ、まずはお役立ち度の高い記事を書けば良いんです。

タイトルには細心の注意を

商売をされている方のブログで見落とされがちなのが、タイトルです。
検索結果はタイトル次第アクセス数はタイトルの付け方で左右されるもの
これは当ブログでやたらと細く長く読まれている記事。こんなタイトルでも「ps3 初期化」というなかなかのビッグワードで2ページ目に載っているんですよ。
まぁ、1ページ目でないのはお恥ずかしい話ですが、何が言いたいかと申しますと、検索エンジンではタイトルで読むか読まないか決めるということです。
なので、あなたが書かれているタイトルが、それだけで[記事の内容を検索者に伝え、検索エンジンにも伝わっているか]を常に意識しなくてはなりません。
例えば、「11月20日のお客様との会話」なんて日記みたいなタイトルは不要無用です。これではあなたも読みたくならないですよね?
それよりも
「お客様との会話から気付いたセールス3つの基本」
「売れるセールストークはお客様から学べ」
「顧客の心をグッと掴むセールストーク3つのポイント」
などの方が興味をそそりませんか?
このように検索エンジンから読んでもらう場合、タイトルはめちゃくちゃ大切なので注意してつけましょう。
何はともあれ、タイトルと中身がリンクしていることは最低条件ですが、文字数も15文字~30文字あたりで考えると良いです。長いと結果に表示されないですし、短いと伝わらないですからね。

読者に向けて書け!

ブログを書きなれてても失敗してしまうのが、誰のために書いているのか?ということです。
自分の言いたいことをそのまま書いてしまったり、仲間受けを狙ってしまったり。これもたまになら良いのですが、普段はこのような意識で書いてはいけません。
検索エンジンからの流入を少しでも増やしていきたいなら、あなたが書くべき、読んでもらうべき相手はいつでも他人さまです。彼らに向けて、彼らを主人公にした記事を書いていれば、検索エンジンは素直に認めてくれます。あなたの記事は役立つ、質の高い記事だと。
ちなみに他人さまをたった一人の人物像にまで絞り込んで書くことができれば、その文章は多くの人に響くと思いますので、そこは練習あるのみ!
例えば、今回の記事であれば
京都在住、42歳、男性、小売店の経営者、ブログをはじめて半年ほど、云々かんぬん・・・なんて読者を想定しています。

まとめ

ブログを書くのに才能は要りません。センスも要りません。コピーライティングの知識はあるにこしたことはないですが、なくても大丈夫です。
本当に必要な能力は、人を思いやる気持ちです。そして、その人のために尽くせる奉仕の精神です。
その心で記事を書けば、日記にはならないはず!それでは最後に「この記事は、あなたの為だけに書き上げました」と記して筆を置きます。