歌が上手くなるためには、この努力をしろ!(自論)


アロハオエ~!aeRu.MeDia主宰の保井康司です。
このブログでは何度も書いていますが、ボクは歌が上手くありません。音は外すし、高音は出ないし、喉で歌うしと、歌が上手く聴こえるであろう素質を一つも兼ね備えていません。とほほ(古ッ
ですが、長年努力と勉強(独学)をしていて気付いた「歌が上手くなるであろうポイント」というのがありますので、今回はそれを自論として紹介します。「なるであろう」ってとこがミソです。

3つのポイント

個人的にて意識していることは3つあります。それが以下の3つ。

  1. 声:息の割合
  2. 下っ腹
  3. 反復練習

「2」と「3」は一般的かと思いますが、「1」は分かりますでしょうか?
それぞれのポイントを説明していきます。

1.声:息の割合を意識しろ!

声というのは、少なからず「息」と共に口から発せられています。それは歌声でも然り。ですが、そこには割合があります。つまり、声の中にどれだけ息が含まれているかです。
喉だけで出ている歌声というのは、張っていると言うか、ほとんど息が含まれていません。検証はしていませんが、この状態で歌うことで喉に負担をかけてしまい、擦れたり、声が出なくなったりしているような気がします。逆を言えば、カラオケで声が出なくなるってことは、喉の使い方が荒いってことですね。
で、息を含ませる方法です。これは文章で伝えるのは難しいのですが、試す場合は、ハァーッと息を吐きながら、そこに声を乗せていくイメージです。分かりますでしょうか?(汗
この歌い方を意識ると、喉への負担が減っていることが分かるかと思います。ただし、息を含ませ過ぎると、個性的な歌声ではなくなるので注意が必要です。
後、慣れるまでは音がブレます。ボクはまだブレまくるので次のポイントで安定感を求めています。

2.下っ腹を集中強化しとけ!

息を意識すると、腹式呼吸でなければうまく混ざりません。なので、腹式呼吸を意識的に行い、習慣化させる必要があるのですが、腹式呼吸はおへそより下の腹筋で息を絞り出すイメージで行います。
そのため、下っ腹の筋力を鍛えないと、すぐに疲れてしまいます。この場合の鍛えるとは、単なる筋力アップではなく、筋力の持久力アップです。
スポーツでもそうですが、下半身が大切ってことですね。

3.反復練習に病み付け!

さて、最後は何の苦もなくできる方法です。自分の歌声を録音して、何度も聞いて下さい。そして、苦手なところ、上手なところを理解して下さい。
次に苦手なところを意識して歌い、また聞きます。これの繰り返し。
初めての方は、聞き慣れぬ声に戸惑うかも知れませんが、大丈夫です。聞き慣れてないのはあなただけ。周りに聞こえ、浸透しているあなたの声がソレです。
これも何度も聞いていると、不思議と普段の声も録音の声と同じように聞こえて来ますからお試しを。
実は、この練習は一番効果的です。なぜなら、何度も聞いていると、自分に何が欠けているかを知ることができるからです。
お陰でボクは上の2つのポイントを見つけることができました。まぁ、まだ実践してるところで、結果はでていませんけどね〜

まとめ

はい。ということで、3つのことシリーズを控えると謳ったのはつい先日のこと。でも、意外とこの3つにフォーカスするってことが、性分にあってるのか、とても記事が書きやすいんです(笑
なので、タイトルには入れずに隠れ3つのことシリーズとしてみました。許してちょんまげ(死語ッ!!?Σ(゚д゚lll)