初Podcastの収録を終えて思うこと

  
アロハオエ~!aeRu.MeDia主宰の保井康司です。

何年か前からやってみたかったPodcast。ずっと昔からやりたかったRADIO。ようやく形にしたところで、思うところを書いてみます。

超面白いやんけ!

もう単純にこれだけ。慣れへん一人喋りなんで戸惑いがあったり、時間もかけられなこったりとかでも、終わってみたら

楽しすぎ!

って感触だけが残ってます。

でも慣れが必要

これまで、マイクを通して客席の方々に話しかけてきたボクとしては、マイクだけに向かって喋るという行為はなんだか自慰行為を見られたみたいに恥ずかしいわけですよ。収録は孤独にしてるんですけど、気分的に恥ずかしい。

慣れるにも一人喋りを続ける以外にないですよね。

MCやとあまり内容を考えてなくても喋れたりしてたんですけど、Podcastとなると無音は放送事故になるので、言葉を繋がなくてはいけません。これが一番難しかったですね。

まぁ、台本を用意せずに臨んだことが間違いないのかも知れませんが。

まとめ

いやいや、Podcastは聴くのも作るのも楽しいですね。ハマりますよ。

とりあえず話す内容だけは決めて、次回以降はもう少し流暢に話せたらいいなぁと思います。

配信は7月2日(木)を予定していますので、お楽しみに〜