壊れたはずのPS3が初期化で蘇ったって話

zonbi
アロハオエ~!aeRu.MeDia主宰の保井康司です。
昨日書いた記事の続きになりますが、プレステ3が
起動直後に「システムファイルが壊れています」というエラーが出て、強制的に修復し始め、再起動するとまたエラー
という無間地獄を楽しんでいました。

セーフモードでもダメなときは?

無間地獄に飽きたので色々調べてみたところ、プレステ3が壊れた場合はセーフモードでなんとかなるってことで、とりあえずセーフモードで起動。
セーフモードでの起動方法は以下に詳しいです。

セーフモードで修復を

セーフモードで起動したところで、さっそくファイルを修復させました。
画面には「準備中です。」の文字が。
5分。
10分。
20分。
ボク「???」
30分。
画面「準備中です。」
ボク「・・・」
ここでセーフモードは強制終了。
「よし、これでアカン時は、データベースの再構築って書いてた」
画面には「準備中です。」の文字が。
5分。
10分。
20分。
ボク「???」
30分。
ボク「よし、出かけよ」
4時間後・・・
ボク「ただいm・・・っ!!」
画面「準備中です。」
ボク「・・・」
ここで再びセーフモードは強制終了。
終わりました。お手上げです。これはもう死んだのかも知れません。

どうせ壊れるなら初期化してやる!

再度セーフモードで起動したところで、最後の手段。
もはやtorneのデータが見れなくなるのも仕方ありません。
が、妻の了承だけをもらい、初期化を実施。
すると、一瞬でした。ほんとうに一瞬でプレステが工場出荷時に!!
なんてことでしょう。

まとめ

データの消失はほんとうに悔やまれます。かと言って、事細かにバックアップを取るっていうのも手間で、結局こういう事態を迎えることになるわけですね。
まぁ、仕方ないとしか言えませんが、とりあえずプレステが直っただけでもよしってことで。

プレステ関連商品紹介

[amazonjs asin=”B00MGDX5CO” locale=”JP” title=”PlayStation3 チャコール・ブラック 500GB (CECH4300C)”]
[amazonjs asin=”B00O0Y0LR4″ locale=”JP” title=”PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-1100AB01)”]